ハニーを見つけるまで♪♪

東京に住みながら、海外ハニーを見つけるまで。

海外アポ1@高雄ツアー 〜Motelって、車でしか行けないの?〜

高雄ツアーから早くも2週間がたとうとしている。
時系列は帰りの機内を含めて書ききっていた。しかし日常に戻ると仕事、飲み会、アポに加えて、生活リズムも狂ったまま。文章におこせずに、日々が過ぎる。
そんな中、どんどんブログを更新しているパッション・ワカさんと話した。

 

passion-waka.hatenadiary.com

 


彼からアドバイスを受け、書き方を変化させることにした。
<当初>時系列順に、初日から最終日に向けて、1日単位で書く。
<変更>書きたいこと、自分にしかかけないことから書くことにした。

思えば、ツアーのリーダであるクラトロ氏からも言われていたことだった。

 

 

~海外アポ1~

ツアーの3日目の夕方。
私は一人、特急券を買い電車に揺られていた。
二日間思うように成果を出せず、翌日は帰国のため、成果を出すならこの日だった。

前の日の夜は、訳あって自分の部屋ではなく、参加者のナンパマシーン・ジェシーさんと同じ部屋で寝て起きた。

twitter.com

 

3日目の午前中は、ジェシーさんと一緒に起きて彼のナンパを間近で見る。
「すごい」の一言。
一瞬の迷いも無く、どんどん声をかける。朝一からだ。そしてたまに声をかけそびれても、「3秒ルール」と前を向く。

すると彼は、「あの帽子の子に声かけてみましょう。」と私に振ってきた。
道路脇のベンチに腰掛けた帽子の女性。顔は見えない。

一気に緊張が高まったが、声かけ。

「ニイハオ、what's this?」

困った顔をするが、話しかけると聞いてくれるのが高雄の人たちである。
楽しく会話して、写真を撮り、そのままLINEで送る。10分も話してしまった。

ジェシーさんはその間もバンゲしており、1時間で10バンゲの一人ノックを完了していた。

さて、前置きが長くなった。
この日最初のアポは、皆さんご存知、アメリカ発の出会いアプリ「Tinder」でのアポだ。高雄ツアーに参加することが決まってから、月数百円の有料会員になり、ひたすら右スワイプ(like)を繰り返していた。
20日程続けた結果、渡航前には60以上マッチし、半分ほどメッセをやりとりできた。
ただ、ツアーの日程中にアポを取れたのは、2人だった。(実はもう一人いたが、私のミスで会えなかった。)

 

その内の一人、アラサーの日本語話せる黒髪の彼女が一人目のアポだ。

英語で話しかけると、「日本語しゃべれます。」日本に少し留学していたようだ。留学の話を聞きつつ、20通くらいのやり取りの後、「ところでLineやってる?」でLineへ移行した。台湾の連絡先は普通にLineがあれば大丈夫だった。

 

高雄から特急電車に揺られること40分。たどり着いたのは、台南。
高雄に比べると、のどかでビルも少なめだ。暑さも少し、ほんの少しだけ高雄よりもまし。

 

f:id:casein:20170708211921j:plain

 

アポの一時間前についたため、一人で散策。
人が少ない。それなりに名の知れた街ではあるが、歩いている人がそもそも少なく、何かのボランティア活動をしている高校生くらいしかターゲットがいず地蔵。

そうこうしている内に、メッセージが入り、某ショッピングセンターで待ち合わせ。
私 「はじめまして〜」
彼女「お待たせしました〜」

思っていたより日本語がしっかりと話せる。
歩きながら話すと、めっちゃ汗をかいている彼女。

私 「台湾の人は、あんまり汗かかないよ。ほんとに台湾の人?」
彼女「ほんとう。少し前まで海外にいっていたからかな〜」

なんて会話をしながら、有名の甘いお茶を買い、観光名所のお寺を見て、名物のおこわみたいな夕飯を食べる。

あれ、、これ普通に観光やん www

まあまあお腹も膨れたので、「台湾の遊びってどんな感じ?」とカラオケや漫画喫茶といった連れ出し先を聞いてみるも、事前にスマホで調べた通りなさそう。

ただあるのは、Motelのみ。

これは、高雄ではあまりみなかったが、台南にはMotelが普通にある。それこそ日本のラブホのようだ。

「Motelって行ったことある?」「日本のラブホテルは知ってる?」なんて会話をせずにはいられないので、振るが「行ったこと無い」「知らない」と積極的では無さそうだ。

なんて話ていると、彼女は夜市に連れて行ってくれるという。
優しいなー、と思ったので、手をつなぐ。
つなげたものの、少しつなぐと「汗が気になるから」と解かれる。照れてる?慣れてない?

夜市がめっちゃ遠くて、30分以上蒸し暑い中歩いて、ようやく到着。

最中に、クラトロさんほかツアーメンバから心配のラインが届く。
そりゃそうだ、かれこれ5時間程連絡していなかったのだ。リーダすみません。

夜市は人、人、人の山。本当に賑わっていて、どこに何があるかもわからない状況。

とりあえず臭豆腐を買って、食べる。
買ったときは、思ったより臭わない。でも一口噛むと、「う〜、臭い」。もういいかな。

喉が渇いたというものの、俺は「シャワー浴びたい」「このままだと電車乗れない」という小学生みたいなノリで、意地でMotelの前まで連れて行く。

さあ、、、どうだ。


さあ車が並んで入る入り口まで行く。

あれ、、めっちゃ車並んでる。しかもUターンして帰ってる。
これは、、もしかして、、

「満」

なのか。

っと言うか、Motelって車専用なのか?


確かめるにしても、入り口が車用以外に見当たらない。

すると


彼女「混んでるみたいね。タクシー乗ろう。」

私 「そうだね。」




はい、負けました!

他にもMotelはあるけど、歩き疲れたのもあり、そこへ誘う元気もなかった。
実は事前に話していたが、彼女の地元も少し離れた街で終電が迫っていた。

駅につくと、華麗に自動券売機で高雄への特急券を購入した。後20分。

しばしの甘いひととき。(それまで手しかつないでいないが。)

渡す機会を逃していた、日本のお菓子も渡しドリンクを飲む。
彼女も少し寂しそうだ、

私 「お別れのキスしよ。」

彼女「え、、」


やっぱりダメかー。


と思っていると、


彼女「ほっぺなら」

良いんだ笑


普通に駅の改札前で、人も多いけど、ほっぺにキス。


あー、抱きたかった!

悔しいな。


特急電車に座ってから思い返す。

ちなみに電車は終電も近いのか立っているお客さんも多くいて、
先に切符を買っておいて正解だった。

なぜなら、俺にはもう一件アポがある。


アポ中に密かにLINEをして彼女と別れた45分後にサティアン下のカフェ集合だ。

続きは次回に。

 


ちなみに最後のクラブでの戦いを終えたその夜、
サティアンの反省会にて、上の話をすると、、、


クラトロさん「え、Motel普通に歩いて入れるよ。」

 

え、え、え、

 

えーーーー、めっちゃ悔しい。

次は絶対に台湾のMotel楽しむぞ!


【反省点】
・事前にMotelのことを調べきれていなかった。
・(上とも重なるが)サティアンから遠く離れた街の下調べ不足。
 情報はやはり大切だ。