ハニーを見つけるまで♪♪

東京に住みながら、海外ハニーを見つけるまで。

海外ナンパ①〜アメリカ続き〜

前回は、木曜の夜ということで、開いているクラブがそもそもないことを話した。

そんななか、開いて良さげなのが、1oakだ。

1oaklasvegas.com

 

mirageというまあまあ名の知れたホテルの中にあるため、安心した部分もあり突撃。

www.mirage.com

 

 

ホテルのロビーから少し歩いて黒人のセキュリティがいるゲートに到着。

パスポートを見せて、ボディチェックを受け入場。

「思ったより簡単やな。日本の方が厳しいくらい。」

 

入場料は、20or30ドルくらいやったかな。

中に入ると人はほどほど。

 

満員にはほど遠いけど少しは入ってる。日本だと六本木のESPRIT位の広さかな。

 

とりあえず一周。

 

 

二周。

 

 

とりあえずトイレ(笑)

 

 

やはりトイレはきれい。そして広い!

普通にホテルのトイレである。

 

気を取り直して、観察。

客層は、近くに大学でもあるのか大学生っぽいムッチムッチのgirlsと、いかにもカジノの来たアラフォー男女。

 

バーカウンタでしっぽり。

 

すると近くにいい感じの大人なアラサー越えの金髪チャンネー(モンロー)。

そして、友達のポッチャリさん(ブルゾン)。

 

手始めにと「Hi ! where are you from?」と声かけ。

 

どうだ?

 

「Oh, what's up?」

 

 

どうやら、聞こえてなかったようだ。それに乗じてスマホのメモで会話。

 

ふむふむ。どうやら、東海岸からvacationで来ているようだ。

そしてモンローは旦那がいると(涙)

 

やたらと、モンローはブルゾンを薦める。。

「だが、断る。」

 

そんな話をしていると旦那(ジェームズ)登場。

「踊ってくるわー」と二人がいき、ジェームズと二人に。

 

軽く話していると、「何か飲めよ。」とおごってくれる。なんていいやつ!

 

しばらくするとモンローが踊り疲れて、「明日飛行機あるから、帰る!」と戻ってきた。

このままではと、色々言って記念撮影し、「どうやって送ればいい?」でfacebook友達に(笑)

 

数年前だが、アメリカではfacebook messengerが結構使われていたようだった。(whatsappは使用しなかった)

 

彼らが帰ったあと地蔵して、終わりの時間に。

どさくさにまぎれて、学生にも話しかけていったたが、「Hum~」と軽くあしらわれて終わり。

 

こうして、初の海外クラブは終わった。

ただ、以外と日本と雰囲気は変わらず曜日によってはイケル気がした(その日に帰国だったが、、、)

 

 

【学び】

まずは、海外では普段以上に緊張しているため、まず誰でも良いので話しかけていくのが大切。

特に一人でいるのが、つらかった。。

 

【高雄にむけて】

今回は、ツアーのため一緒に話しかけにいく人がおり、日本人仲間という心強さもある。これまで基本的に一人行動だったので、いろいろとその場で吸収して真似していきたい。

 

【旅の準備】

準備スケジュールは、遅延中。まだ鞄かリュックか迷ってる。

次はタイ編を書く予定。

その振り返りの行動だが、旅行前の事前のアポ調整もようやく動き出してきたので、持ち物も抜かりなく行きたい。